死者の世界の有無の議論は置くとして、受け継がれた命の存在は、DNAだけではない死者の思いもまた、つないでいくものなのだと感じさせてくれる。1年に1度、あの世とこの世を隔てる扉が開き、死者たちは人間界に帰ってこられる。