沖縄タイムス+プラス ニュース

米著名人の抗議声明 当事者として辺野古NO ケネディ大使の役割問う

2015年12月30日 06:00

 キャロライン・ケネディ駐日米大使の「普天間飛行場の移設先は辺野古が最善」との発言をめぐり、映画監督オリバー・ストーン氏ら米著名人70人が抗議声明を発表した。県内・国内では大きな反響を呼んだが、米国での報道は無きに等しかった。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS