沖縄タイムス紙面掲載記事

[解説]/地位協定 不備浮き彫り/軍属特権あるのに補償対象外/「被用者」不明確

2018年3月17日 00:00

 うるま市の女性暴行殺害事件で、米国政府が日米地位協定に基づく補償金支払いに難色を示し、同協定に基づく補償がされない懸念が出ている。被告が地位協定で定める「被用者」に該当するか、否かで補償の有無が決まるにもかかわらず「被用者」の定義が明確ではない。日米で見解が割れ、構造上の不備が浮き彫りとなった。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS