「山猫」「ベニスに死す」などで知られるイタリアの映画監督ルキノ・ビスコンティがローマの自宅で死去した。69歳。1975年に脚を骨折しながらも遺作「イノセント」の製作を開始。