沖縄タイムス紙面掲載記事

米軍の通報遅れ 緩み原因と指摘/社民党県連が抗議

2018年3月18日 00:00

 【嘉手納】米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機がアンテナを落下させ通報が遅れた問題で、社民党県連の照屋大河委員長らは13日、嘉手納町の沖縄防衛局を訪れ、「米軍全体のたがが緩んでいると言わざるを得ない」と相次ぐ事故に抗議した。再発防止策を公表するまで同基地所属のすべての航空機の飛行停止を求めた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS