高校のない離島から沖縄本島に進学する生徒を受け入れる学生寮を備えた県立離島児童生徒支援センター(愛称・群星寮(むるぶしりょう))の開所式が8日、那覇市東町の同センターで開かれた。離島の生徒や家族らの長年の悲願達成に、「『15の春』に、夢と希望を持って進学できる」と喜びの声が上がった。