大学を選んだときに学部・学科だけでなく家庭の経済状況を考慮したと答えた学生(既卒含む)が3割に上ったとの調査結果を、沖縄振興開発金融公庫とブルームーンパートナーズが20日公表した。同公庫の調査担当者は「学生らの親を思う気持ちが垣間見える。