年間90万人が利用する沖縄コンベンションセンター(OCC)や30万人が訪れるトロピカルビーチなど、宜野湾市の西海岸は市内で最も活気ある地域だ。一方で開発に失敗した苦い過去もある。