沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍、津堅島水域でパラシュート降下訓練 今年2回目

2018年3月22日 18:18

 米軍は22日午後5時ごろ、沖縄県うるま市の津堅島訓練場水域でパラシュート降下訓練を実施した。嘉手納基地を離陸した空軍のMC130特殊作戦機1機から午後5時半までに少なくとも物資2つと兵士8人の降下が確認された。

パラシュート降下訓練で物資を投下するMC130特殊支援機=22日午後4時54分、うるま市津堅場訓練場水域(大城志織撮影)

 県や市が把握する1997年から2016年までの20年間に同水域で確認された訓練は7回。しかし昨年は確認されているだけで9回と急増。今年は1月18日に続いて2回目となった。県や市が訓練の中止を求める中、またも訓練が強行された。

 同水域は本島と津堅島を結ぶ定期船や漁船が航行しており、市や市議会は「一歩間違えれば重大な事故につながる恐れがある」と訓練の中止を求めている。地域住民は常態化を懸念している。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間