共同通信 ニュース

リオへ向け体力強化 沖縄でバド日本代表が合宿

2016年1月12日 06:43

 バドミントンの日本代表が11日、沖縄県で始まった合宿を公開した。リオデジャネイロ五輪の出場枠決定は5月で、男子シングルス世界ランキング3位で五輪出場が濃厚な桃田賢斗(NTT東日本)は砂浜でのダッシュを約2時間休みなくこなし「五輪で金メダルを取りたい。8月に倒す選手を頭に浮かべて走った」と強い意欲を示した。

バドミントンの日本代表合宿で、砂浜を走る桃田賢斗。右は奥原希望=11日、沖縄県糸満市

 女子シングルスで昨年12月のスーパーシリーズ・ファイナルを制した奥原希望(日本ユニシス)は「砂浜で最初は楽しいと思っていたら、予想以上に追い込まれた」と苦笑い。山口茜(福井・勝山高)は最後尾が定位置で「走りも徐々に良くして、去年以上の成績を出したい」と語った。合宿は16日まで行われ、大半が砂浜での体力強化に割かれる。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索