宜野湾市長選挙は米海兵隊普天間飛行場の移設問題をめぐる政府と沖縄の代理戦争のようだ。  自民・公明が現職の佐喜真淳市長をバックアップし中央から政治家を投入する。受けて立つ「島ぐるみ」の象徴、翁長雄志知事も懸命に地域を回り、辺野古埋め立て反対を訴える志村恵一郎候補を支える。