沖縄県名護市辺野古の埋め立て承認取り消しの効力を止めた石井啓一国交相の決定をめぐり、翁長雄志知事の審査申し出を却下した国地方係争処理委員会(係争委)の決定を不服として、県は14日、福岡高裁に提訴する方向で最終調整に入った。国を相手に、国交相決定の取り消しを求める。