17日告示の宜野湾市長選で最大の争点とされる米軍普天間飛行場問題については現職の佐喜真淳氏(51)が固定化阻止を、新人の志村恵一郎氏(63)は移設条件なしの無条件返還を訴える。