幸福実現党県本部副代表の金城竜郎氏(51)は15日、県庁記者クラブで会見し、夏の参院選沖縄選挙区に立候補すると発表した。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の推進、消費税減税、マイナンバー制度の見直しを主張している。  金城氏は「普天間問題は仲井真弘多前知事の埋め立て承認で決着している。