【宜野湾】米軍普天間飛行場問題の今後を占う宜野湾市長選が17日告示され、政府・与党の支援を受け再選を目指す、現職で無所属の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=と、翁長雄志知事を中心に「オール沖縄」を基盤にする、新人で無所属の志村恵一郎氏(63)の2氏が立候補を届け出。