沖縄タイムス+プラス ニュース

多彩な伝統芸能 琉球国祭り太鼓・ボリビア支部 生徒も共演

2018年3月29日 09:00

 【山城博明通信員】琉球国祭り太鼓ボリビア支部(イノウエ昭雄支部長)は3日、オキナワ日本ボリビア協会のホールでイベントを行った。

ダイナミックな動きでエイサーを披露した=オキナワ第1移住地

 「かぎやで風」で幕開けし、三線演奏、バンド演奏、創作エイサーなど次々と繰り広げられる演目に、詰め掛けた観衆は拍手喝采だった。三線演奏では第一日ボ校の生徒も参加し「安里屋ユンタ」などを披露。子どもたちによる「花は咲く」の創作エイサーは大反響だった。バンドは子どもたちとエイサーのコラボレーションで大いに盛り上がった。

 会場の一角では弁当や串差し焼き肉、フルーツサラダ、タコスなどの販売もあり、食べたり飲んだりと楽しんだ。

 10日にはサンタクルス市にあるサンタクルス中央日本人会のホールでも開催し、超満員の盛況だった。

 このイベントは同支部のメンバーを募集する目的で開催された。イノウエ支部長は「創作エイサーとはいえ沖縄の文化だと認識している。多くの人がメンバーとなって楽しんでほしい」と話した。

【エイサーまつり!】 輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、沖縄各地のエイサーまつりの写真がご覧いただけます。輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

【エイサーまつり ※随時追加予定】

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS