栃木県那須町で登山講習中の高校生ら8人が雪崩で死亡した昨年3月の事故後、部活動で冬山登山に取り組む高校が半減したことが25日、共同通信が1〜2月に実施した都道府県教育委員会への全国調査で分かった。