テレビを視聴できるワンセグ機能付きの携帯電話を持つと、NHKと受信料契約を結ばなければならないかどうかが争われた訴訟の控訴審で、東京高裁は26日、一審さいたま地裁判決を取り消し、契約義務はないと訴えた埼玉県朝霞市の大橋昌信市議(42)の請求を退ける逆転敗訴の判決を言い渡した。