生活保護世帯や困窮家庭の高校生の進学を支援する沖縄県の2015年度子育て総合支援モデル事業の無料塾で18日までに、生徒18人が大学や看護学校などの志望校に合格した。尚学院が事業を受託し、那覇市と沖縄市の2教室で高3生43人を支援している。受講生は「塾のおかげで合格できた。