旧優生保護法(1948〜96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題をテーマにしたシンポジウムが26日、福岡市の西南学院大で開かれた=写真。利光恵子立命館大生存学研究センター客員研究員は講演で「社会が一体で不妊手術を推し進めた。仕組みの全容解明が必要だ」と呼び掛けた。