沖縄県管理の北谷浄水場から残留性有機汚染物質の有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)が高濃度で検出された問題で、県企業局は20日、県の給水先の23市町村を対象に説明会を開く。