祝70回!「表現のチカラ」満開

 1949年、沖縄戦で焦土と化した郷土を芸術で癒やそうと始まった戦後初の本格的な総合美術展「沖展」は今年、開催70回を迎えました。戦後復興と共に、県民を「表現のチカラ」で励まし続けてきた巨大美術展の舞台裏に、おばあ&おじいが潜入! 約800点の美術・工芸品が一堂に会する春の祭典「沖展」の魅力を探りました。春休みど真ん中、子どもも大人も楽しめる沖展へGO!浦添市民体育館で8日まで開催)

 
 
 
 
 
 
 
 

 ※おばぁタイムス最新巻 好評発売中! 

沖展開催70周年を記念して、ウェブサイトを公開。これまでに開催された展覧会の図録を閲覧いただけるよう、デジタルアーカイブとして公開します。 >>「沖展オフィシャルサイト」