沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍機の騒音苦情2.6倍 沖縄・北谷町で過去最多

2018年4月2日 05:00

 沖縄県北谷町に住民から寄せられた米軍機騒音に対する2017年度の苦情が30日までに139件に上り、16年度52件から約2・67倍に跳ね上がっていることが分かった。記録が残る10年度以降、過去最多。町基地渉外係は、米軍嘉手納基地に相次いで飛来したF35Aステルス戦闘機やFA18戦闘攻撃機など、外来機訓練の影響とみている。

米軍嘉手納基地に暫定配備された最新鋭ステルス戦闘機F35A(読者提供)

 月別の最多は3月の44件で、全体の3分の1近くを占める。暫定配備中のF35Aに加えてFA18が23機、F35Bも4機が飛来し訓練していた。2番目に多かったのは、米ユタ州のヒル空軍基地から嘉手納に暫定配備されたF35Aが訓練を始めた11月で、20件だった。

 町は20日、3月に入り騒音が急増しているとして、沖縄防衛局や第18航空団など関係機関に抗議し、騒音の大幅な軽減と外来機の早期撤退を求めている。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS