大弦小弦

[大弦小弦]「見て!この絵、マスキングテープで作られてる!」…

2018年4月1日 09:30

 「見て!この絵、マスキングテープで作られてる!」。浦添市民体育館で開かれている「沖展」会場に入ると同時に、小学3年の娘が驚きの声を上げた

▼首里高生の仲宗根萌さん作の「Happyの色いろイロ」は種類が異なるテープを根気よく張り付けて、制服姿の高校生5人の躍動感ある笑顔を表現した。柔らかな色合いが春風を感じさせる

▼同級生の新垣萌々さんの「再」はアクリル板と糸を組み合わせた立体的な作品。そこから何を読み取るか、想像力がかき立てられる。KBC学園未来高沖縄の仲座萌香さんの「FOX FACE」は切り絵を活用した幻想的な味わい。同じ10代でも感性が異なるのが面白い

▼会場には1925年生まれの沖展会員・金城唯喜さんの漆芸「沈金飛魚二段重箱台付」といった逸品も並ぶ。祖父は琉球王府直轄の漆器製作所「貝摺(かいずり)奉行所」に勤めており、代々の漆器作りの家系を継ぐ、伝統に裏打ちされた工芸品だ

▼12ジャンル、826点という多様さと70回の歴史が育んできた作家の年齢層の厚みが沖展の特色。訪れる老若男女の誰もが、必ずお気に入りの「私の1点」を見つけられる理由はそこにある

▼週明けから、新年度の慌ただしい日々が始まるという方も多いはず。萌え出ずる美術工芸の息吹を味わい、明日からの英気を養ってほしい。沖展は8日まで。(玉城淳)

沖展開催70周年を記念して、ウェブサイトを公開。これまでに開催された展覧会の図録を閲覧いただけるよう、デジタルアーカイブとして公開します。 >>「沖展オフィシャルサイト」

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS