ブラジル国営石油会社ペトロブラス傘下の南西石油(西原町、リンコン・シオジロ・イシカワ社長)が、3月末で石油製品の販売事業から撤退することに伴い、沖縄県内での供給体制を維持するため、同社の石油タンクを国内の石油元売り会社に貸し出す方向で調整していることが23日、分かった。