ベラスケスは世界最高の画家であり、代表作「ラス・メニーナス」は世界一の名画である。「『ラス・メニーナス』を見ずして美術を語るな」とは、かねて私の持論だ。 本書は、たまたま入手した伝バン・ダイクのチャールズ1世の肖像画が、ベラスケスのものだと思った19世紀英国のジョン・スネアという書店主の物語。