翁長雄志知事が名護市辺野古の埋め立て承認取り消し直後、沖縄防衛局は昨年10月28日、沖縄県に「工事着手届出書」を提出し、翌29日から陸上部での作業を始めた。海上での護岸工事にあたり、汚濁防止膜設置のための海底へのブロックの投下も、近く着手するとみられる。