【東京】中谷元・防衛相は25日、宜野湾市長選で現職の佐喜真淳氏(51)が再選を果たしたことを受け、名護市辺野古への新基地建設に関し「普天間飛行場の固定化を避けるために移設建設事業を推進したい」と述べ、建設工事を進める考えをあらためて強調した。防衛省で記者団の質問に答えた。