経済的に厳しい状況にあるひとり親家庭を対象に、看護師や保育士、介護士などの資格取得を支援する沖縄県の制度について、県は職業訓練の入学準備金として50万円、就職準備金で20万円を貸し付ける新制度を始めることが26日、分かった。資格を活用し5年間継続して働くと返済を免除する。