沖縄県内で深刻化する子どもの貧困に対応するため、県が2016年度に基金を創設する方針であることが27日、分かった。市町村の取り組みを支援することによって、困難を抱える子を全県的に救済することが主な目的。