沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県の非常勤職員1277人、育休可能に 新年度から

2016年1月28日 06:35

 沖縄県は2016年度から、非常勤職員のうち、文書の収受など補助的な業務を担う「賃金職員」と、相談員などの「嘱託員(特別職の非常勤職員)」の一部を廃止し、新たに「一般職の非常勤」として任用することが分かった。対象となるのは知事部局で1277人。仕事の内容は変わらないが、任用の根拠となる地方公務員法(地公法)第17条に基づき育休の取得が可能になるほか、時給制への移行、再度の任用が2回まで認められるなど、労働条件が変わる。

 全国の自治体で非常勤職員が増加する中、総務省が14年に臨時・非常勤職員の「適切な任用」を求める通知を地方自治体に出したことを受けた見直し。

 県の非常勤には、賃金職員や嘱託員、臨時的任用職員(育休などで生じた欠員補充)がある。対象となるのは賃金職員の全781人と、嘱託員(160種、772人)の一部の108種、496人。

 地方自治体で働く非正規には、地公法に基づき臨時職員と、一般・特別職の非常勤職員がいる。総務省通知では、特別職は「法律顧問」など専門知識や経験が必要な職で、本業が別にある人を任用するものとしている。一方、県では旅券発給業務や児童指導員なども「特別職」の非常勤として任用してきた。

 日給から時給制の移行では、調整中の職種を除き日給換算で最大715円増える職種と、同478円減る職種がある。賃金が上がるのは44職種、下がるのは58職種となる見込みだ。

 県人事課によると、非常勤の任用に明確な基準はなく、自治体がそれぞれの判断で任用しているという。

 県人事課は任用の見直しについて「あいまいな所をしっかりと整備していく」と強調。賃金差についてはこれまで見直しがされてきていなかったことを挙げ、「大きな誤差はない。公務が適切に見直され、非常勤の処遇改善の機会につながる一歩だ」と話した。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。