県内の子どもの貧困率が29・9%に上ることが29日、沖縄県の初めての調査で分かった。2012年時点の全国平均16・3%の約2倍。子どもの3人に1人が貧困状態に置かれていることになり、県内の深刻な状況があらためて浮き彫りになった。