辺野古代執行訴訟で福岡高裁那覇支部が国と県に和解を勧告した 「根本的」と「暫定的」の2案を提示。国・県と非公開で協議した 代執行以外の法的手続きについて国に模索を促したとみられる