沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古代執行訴訟、和解案に法廷内驚き 翁長知事は受け入れ「白紙」

2016年1月30日 11:10

 翁長雄志知事と稲嶺進名護市長の証人尋問が決まり、突然、和解勧告案が示された29日の代執行訴訟の第3回口頭弁論。和解勧告という想定外の事態に県側のみならず、傍聴人も驚いて言葉を失った。裁判所の指示で詳細な説明は見送られた。受け入れるかどうかについて、翁長雄志知事も「まったくの白紙だ」との答えにとどめ、さまざまに意見をあおぐ姿勢も見せた。    

第3回口頭弁論の開廷を待つ翁長雄志知事(左)=29日午後、福岡高等裁判所那覇支部(代表撮影)

 「証人の採否についてです」。口頭弁論の中盤、多見谷寿郎裁判長が、この日注目の証人の採否についてやりとりを始めると、県側の弁護団は身を乗り出し法廷に緊張が走った。

 「陳述書の内容で済む人もいます」と採否の考え方が示されると、県側の弁護士は「単なる書面ではなく、証人をぜひ採用していただきたい」と主張。それでも、認められたのは翁長知事と稲嶺市長の2人だけとなり、次回と次々回の期日を決めた。

 その直後だった。多見谷裁判長が「和解を勧告いたします」と短く述べて閉廷を宣言。予想しない言葉に、傍聴席の報道陣の一部は、閉廷時の起立を忘れるほど驚きに包まれた。

 同日夕方、県庁で報道陣の取材に応じた翁長知事は、準備したペーパーをゆっくりと読み上げ、証人の採用について「私だけでなく、名護市長の尋問も認めていただいたことは高く評価しています」と話した。尋問では、承認取り消しの適法性とともに、県が歩んできた歴史について述べる考えを説明。

 報道陣の質問は、大半が和解案に集まった。翁長知事は、硬い表情を崩さず、今後、弁護士をはじめとする関係者と相談する考えを示しながら語った。「個人的に整理できていない。和解についての考えは心に持っていない」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。