心の赴くままに絵を描き、夫の不器用ささえも慈しんで生きたカナダの画家、モード・ルイスの生涯が描かれる。 幼い頃から重いリウマチを患い、厄介者扱いされてきたモードが自立しようと見つけたのが魚の行商人エベレットが出した家政婦募集の張り紙。