沖縄タイムス+プラス ニュース

[解説]辺野古代執行訴訟:解決策模索へ新局面

2016年1月30日 06:10

 名護市辺野古の新基地建設をめぐり、国が翁長雄志知事を訴えた「辺野古代執行訴訟」で、多見谷寿郎裁判長は翁長知事と稲嶺進名護市長の尋問を決めた。一方、国・県双方に和解を勧告した。訴訟は今後、「実質審理」に向けた扉が開く一方、双方は代執行以外の解決策がないか模索を続ける新たな局面に突入する。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS