米軍伊江島補助飛行場内で予定される強襲揚陸艦の甲板を模した着陸帯「LHDデッキ」の改修工事について、工期が4月29日~来年8月末に予定されていることが30日までに分かった。沖縄防衛局が米側から得られた情報として、本紙の取材に答えた。工事の入札は何度も延期され、現在は2月上旬に予定されている。