実家で母と暮らし、そこから会社に通う生活は新鮮だった。快適さでいったら、元妻子に渡した家のほうが、はるかに暮らしやすいのに、どういうわけかこの家にいるほうが熟睡できた。