「互いの苦しみを知り、互いに支え合うことが、大きな問題の解決につながるのではないか」。東日本大震災と原発事故からまもなく5年。