沖縄タイムス+プラス ニュース

美の祭典「沖展」あす8日まで 家族連れでにぎわう

2018年4月7日 11:57

 沖縄の春を彩る美の祭典「第70回沖展」(主催・沖縄タイムス社、協力・浦添市、同市教育委員会)は6日、小雨が降る中1527人が訪れ、会場の浦添市民体育館は家族連れを中心に大勢の人たちでにぎわった。8日に閉幕する。

色彩豊かなガラス作品に見入る来場者=6日、浦添市民体育館

 会場には絵画や写真、彫刻、工芸など826点が並ぶ。お気に入りの作品の前で数分間足を止めて見入る人や、一緒に来場した友人や家族と自由に感想を話し合う人の姿もあった。

 入館は午前10時~午後5時半まで。入場料は大人千円、小中高生500円。

沖展開催70周年を記念して、ウェブサイトを公開。これまでに開催された展覧会の図録を閲覧いただけるよう、デジタルアーカイブとして公開します。 >>「沖展オフィシャルサイト」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS