日本トランスオーシャン航空(JTA、丸川潔社長)は2日、新たに導入したボーイング737―800型の完成披露式典を那覇空港内のJTAメンテナンスセンターで開いた。関係者が新機材の導入を喜び、機体内部を見学した。10日から那覇―福岡、那覇―宮古路線で運航する。