沖縄県教育委員会教育長の諸見里明氏(59)は2日、任期1年を残し、本年度限りで退任する意向を固めた。県首脳は今後、後任の人選を本格化させる。諸見里氏が退任すれば、新教育委員会制度に全面的に切り替わり、教育委員長ポストも本年度限りで廃止される。  諸見里氏は2013年度に就任し、現在3年目。