4日午前8時半から、那覇港で、昨年12月に見つかった米国製3インチ砲弾など計52発の不発弾処理作業が実施される。同8時40分から正午までの間、作業地点から半径3キロは入水禁止区域、半径300メートルが航行禁止区域に指定される。  水中爆破処理のため、陸上での住民避難や交通規制はない。