経済産業省は、再生可能エネルギーの推進に本腰を入れる長期戦略を打ち出した。原発の再稼働が想定より進まず、温暖化対策の必要性が高まっていることも後押しした。安定供給に向けた技術開発や価格引き下げが、欧州各国に立ち遅れている普及への鍵となる。