昨年12月に県と辺野古住民ら21人が国土交通相の執行停止決定の取り消しを訴えて那覇地裁に提起した二つの取り消し訴訟の日程が決まらない。審理する裁判所を巡り原告と被告の主張が折り合わず、地裁も判断を決めかねているからだ。