衆院選と同時に行われる最高裁裁判官の国民審査を巡り、海外で暮らす日本人が投票できない現行制度は憲法に違反するとして、米国在住の映画監督想田和弘さん(47)ら5人が国を相手に次回の審査で投票できる地位の確認などを求める訴えを東京地裁に近く起こすことが11日、分かった。