うるま市は、照間地区のビーグ(い草)を使って「衣・食・住」の生活全般をテーマに、新たな商品開発やブランド化に取り組んでいる。市特産の照間ビーグの認知度や付加価値を高め、生産量アップや後継者の育成を目指す。帽子やアロマ、パウダーや青汁、焼き菓子など約10種類を商品化。