日本ハンドボールリーグ(JHL)男子7位の琉球コラソンは11日、県立武道館で後半戦初戦の第9戦を行い、6位の豊田合成を38-27で下し、連敗を5で止めた。通算成績は4勝5敗。  コラソンは前半、リーグ戦初出場の台湾代表、チャオ・シャンチャンの得点などでリードを広げ、18-14で折り返した。