1987年5月3日憲法記念日の夜、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に目出し帽の男が侵入して無言で散弾銃を発射、小尻知博記者(当時29歳)が殺害され、もう一人の記者が重傷を負った。 その後「反日世論を育成してきたマスコミには厳罰を加えなければならない。