全国の中学生に、さまざまな分野で活躍する人が語る「授業」の「技術・家庭科」の先生は、食文化研究家の魚柄仁之助さん(61)。中2の時、事故で左目を失明し、後悔しない生き方を考えるようになったという。 生きるためにはまず自力で食べられるようになること、料理が基本というのが持論。